コインランドリーを経営したい人のための情報サイト

TOSEI

会社名 株式会社TOSEI
住所 東京都品川区東五反田1丁目24番2号東五反田1丁目ビル2階
地域 全国

TOSEIの特徴

TOSEIの特徴はコインランドリー経営のリーディングカンパニーという点です。リーディングカンパニーとして、様々な強みがあります。

日本全国8,500店舗で導入された実績を基にした手厚いサポート内容が整っています。

 

①開業前には事業計画書の作成から開業までしっかりとサポート

例えば、開業前に必要な市場動向調査、出店場所の提案、出店計画の作成、店舗デザインやオープン前研修から開業後の相談まで全て無料で親身に対応します。

 

②リアルタイムでの売上管理が実現できる

オーナーはリアルタイムの売上管理や稼働状況、店内の様子が常にスマートフォンやパソコンからチェックでき、遠隔管理で機器の操作や返金も可能です。

 

③24時間システムが稼働している

利用客には現金・電子マネー・プリペイドカードでの精算に対応でき、領収書発行も行えます。オーナーと利用客の双方が便利に24時間利用できるシステムを整えています。

 

④国産メーカーによる修理やメンテナンスも充実

機器に関しては、国産メーカーなので修理やメンテナンスも迅速な可能です。全行程を自社で生産するメイドインジャパン品質により、オーナーが安心して開業できるように体制を整えています。

 

また、洗濯乾燥機一体型の機器を世界で最初に発売したこともTOSEIが業界のリーディングカンパニーと言われる所以です。洗濯乾燥機一体型のランドリー機器は中心温度約100℃で終了する乾燥工程を設けており、カビやダニは徹底除去、洗濯物は常に清潔で、ランドリー内も汚れにくくなっています。

コインランドリー経営パートナー企業一覧

 

TOSEI商品のラインナップ

洗濯乾燥機…洗濯から乾燥まで1台の機械で行えます。

サイズ
800
奥行 1137
高さ 1725
サイズ
940
奥行 1237
高さ 1725
サイズ
1070
奥行 1437
高さ 1830

 

TOSEIの初期投資

TOSEIの初期費用をまとめてみました。

TOSEIでコインランドリーを開業する際、加盟金・研修費・保証金はすべて無料となっています。

店舗取得には、

物件取得保証金 60万円~240万円程度

仲介手数料 5万円~10万円、

前家賃 10万円~20万円

合計75万円~270万円がかかります。

設備費用には、

内装工事 400万円~500万円

外装工事 200万円~250万円

インターネットや携帯電話加入費用 1万円前後

ランドリー機器 900万円~2,000万円程度。

広告・宣伝費用 0円~5万円、

その他保険加入費用 2万円~4万円

合計1200万円~2500万円程度となります。

そのため、TOSEIの初期費用にかかる予算として2,000万円~2,500万円が必要となります。

 

オーナーの口コミ

TOSEIを利用してコインランドリー経営をしているYさん

私は住宅街でコインランドリーを出店しました。開業するまでは、本当にお客様が来てくださるのか、リピートして頂けるのかなど、不安がありましたが、結果的には全く問題ありませんでした。住宅街には学生さんや単身者の集合住宅もあり、一人暮らしの方がまず来店されました。次に、口コミなどでファミリー層にも利用者層が拡大し、今では安定的に集客をできています。思えば住宅地に出店するというお話をくださったのも、パートナーのTOSEIさんです。周辺環境やニーズなどのリサーチをもとに的確な提案をして頂きました。コインランドリーについて何も知らない私を強力にサポートして頂き、開業まで道をつけてくださって、本当に感謝しております。

TOSEIを利用してコインランドリー経営をしているBさん

TOSEIさんでコインランドリー経営をしています。出店する場所に関して、担当の方にアドバイスを頂きました。

私が当初希望していた物件は道がせまく車で来づらい立地でした。

担当の方に、コインランドリーを利用する方は、比較的大きな洗濯物を洗うことが多いので、車でも来やすい立地の方が良いとアドバイスを頂き、再度事業計画を練り直しました。

担当の方と物件探しを一から再開し、大きめの車でも入れる立地で、使いやすい駐車場が近くにある物件を見つけ、ようやく決定したところで開業となりました。歩きや自転車で来る方もいましたがやはり車での来店が圧倒的で、毎週末に大きな荷物を抱えてやってくる方が多いです。私の希望を押し通していたら、お客様のニーズには応えられなかっただろうと思いましたし、担当の方によく話を聞いててから開業して正解だったと思います。

 

セミナーについて

「TOSEI」では、東日本と西日本に分かれて、それぞれ週2回ほどコインランドリー経営の事業説明会を実施しています。

初期投資がどれくらいかかるのか、繁盛店とそうではない店舗の違いなど、詳しい経営ノウハウを教えてもらうことが可能です。

他にも、安定収益シミュレーション、物件評価など具体的な部分にも着目して説明を実施してもらえるので、参考になる部分は大きいでしょう。

実際の成功例についても紹介してもらうことができるので、より深くコインランドリー経営について知ることができます。

 

コインランドリー経営をお考えなら

コインランドリー経営は、実績が豊富でしっかりとオーナーをサポートしてくれるパートナーを選びましょう。パートナー選びの際にはいくつかの企業をピックアップして、それぞれを比較しながら決めることをおすすめします。

コインランドリー経営パートナー企業一覧

 

TOSEIについての詳しい情報

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
REPORT:㈱TOSEI/静止型のふとん乾燥機を9店舗に導入、ネット不要の「ふとん洗濯コース」の存在で決断! - コインランドリー情報誌 ランドリービジネスマガジン LBM
栃木県 メイトランドリー 2019年9月に行われたコインランドリーEXPOで㈱TOSEIより参考出品され、注目を集めていたコイン式ふとん乾燥機「FDG-100C」(容量・シングル1枚)が、2020年3月に正式発売された。 写真:ふとんの表面積いっぱいに熱風を当て、ウマ側で強制的に熱風をふとんの中にまで送り込む構造。バン...
6月20日付「日経電子版」で、TOSEIランドリー東中野店とネイルサロンコラボが紹介されました。
TOSEI、病院向け洗濯乾燥機再発売 コロナ消毒に
コインランドリー大手のTOSEI(静岡県伊豆の国市)は、高温水で洗うことでウイルスを消毒できる病院向け洗濯乾燥機を再発売する。最高でセ氏93度の高温水で、ウイルスが付着した恐れのあるシーツやリネン類などを30分間洗える。新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、感染リスクを減らせる洗濯機のニーズが高まっていた。再発売する...
TOSEI、クレジット対応のコインランドリー精算機
コインランドリー大手のTOSEI(東京・品川)は、クレジットカードの支払いに対応したコインランドリー向け精算機を6月から販売する。現金を使わない多様な支払い方法をそろえ、利用者に利便性や衛生面の改善を訴求する。コインランドリーのオーナーにとっては現金回収の手間が減り、防犯対策につながるなど管理しやすくなる利点もある。T...
コインランドリー経営情報局